#146 大学生になって、どうですか? 新入生必見! 上智生の実態


 

こんにちは! みりんです!
とうとう私も3年生になりました。コロナのため、私の大学生活は時が止まっていたのですが、現実はそうではないようですね(笑)。
さて、今回は上智生19人にアンケートを取り、大学生活の実態を探ってみました! 新入生の皆さんは参考になること間違いなしですよ~。


1. 大学入る前のイメージと入ってからのイメージって違う?

イメージが変わった……16名
イメージは変わらない……3名

「イメージが変わった」という方が19名中16名もいました! 理由は?

上智生って……
変わった派
「意外とメイクがっつりの人が少なかったり、ザ・お嬢様みたいな感じの人がいなかったのがいい意味で驚いた!」

変わらない
「全体的に女子が多くて、みんなオシャレ!」

人間関係
変わった派
「不安だったが、大学では強制的に毎日会う人が減るため友達をカスタマイズできる感覚がある。高校以前より楽!」
「価値観がこんなに多様なんだなって思った」

変わらない派
「サークルでは色んな人と出会うことができて人脈が広がった

生活
変わった派
「高校までと違って、自分で選べることがたくさんある! 授業は自分の興味と時間で選べるし、サークルは参加の仕方も自分次第。バイトも本当に人それぞれ。趣味や特技の幅も広くてびっくり! 自分の「好き」を持つことが大事だなと実感した!」
「大学生といえば自由な時間割! というイメージだったが、意外と不自由な時間割で驚いた。特に、朝早くからの授業がこれほどあるとは思っていなかった……」

学業
変わらない派
「学びがある場所だと思って来て、実際にそうだった」

変わった派
「思っていた以上に、勉強したくて大学に来ている人が多い!」
「高3の時は18で学びたいことなんて決められるか! と憤っていたが、大学に入り、決められる人がこんなにいると知ってびっくりした」
「大学は自由って思っていた割に勉強が思ったより大変
「1年生からもっと取れる講義の選択肢があると思っていたが、実際は大半が必修だった」
「3年とか4年になると授業がほぼないと思っていたのに結構ある」

確かに、大学に入ってから気づくことが沢山あります! 私も最初は自分と合う友達ができるかなと不安に思いました。ですが、友達や先輩、教授……大学ではかけがえのない出会いばかりです~。


2. 大学生活は忙しい?

忙しい……6名
そこそこ・思ったより忙しい……11名
そこそこ・思ったより暇……12名
……0名

全体的に「忙しい」という回答が多いですね! その理由やエピソードは?

忙しい/そこそこ・思ったより忙しい派
生活
「人生の夏休みという言葉は間違ってないと思うけど、思ったより忙しかった
「バイト掛け持ち、サークル掛け持ちだと結構時間を取られる。楽しいけど!」
「やれることの幅がとても広いため自分次第ではあるが、何かに集中するとどこか手を抜かないといけなくなってしまう」
「自分でスケジュールを立てなければいけないため、考えることが多くて大変

学業
「授業数多すぎ」「課題の忙しさは想像以上!」
朝8時から図書館で勉強するのが日課だった。夜までいる日も多く、図書館に泊まれたら良いのに……と思ったことも」
「教職という修羅の道を選んだせいで2・3年次は結構大変だった」

そこそこ暇派
「高校時代は7時に学校に行って朝練して19時まで部活をしていた。それに比べれば圧倒的に拘束時間は少ない
授業期間と長期休みの緩急の差がすごい! 学期末はテストやレポート、プレゼンで大変だけど、それが終わった瞬間に休み!」
長期休み中の過ごし方は本当にそれぞれ好きなように使える。バイトに明け暮れる、サークル合宿、短期語学留学、旅行、免許取得などなど……」

私も忙しさには驚きました! 自分次第だからこそやりたいことが多く、バランスをとりづらいかもしれません。ですが、好きなことをできるのは魅力的ですよね!
また、長期休みはアニメや映画鑑賞など現実逃避ばかりして知識がリセットされてしまうのを繰り返すのは私だけでしょうか?


3. 大学生活は楽しい?

楽しい……15名
そこそこ楽しい……4名
そんなに楽しくない……0名
楽しくない……0名

皆さん「楽しい」という結果です! 理由は?

人間関係
「大学入って早々、趣味の合うとてもいい友人が出来た
「色々な特技や趣味を持った友達と会えた!」
「一見チャラそうな人もちゃんと話してみると想像以上に色々考えていて、自分の世界が広がる

友達万歳!
「食堂やカフェでおいしいご飯を食べたり、お菓子をつまんだりしながらおしゃべりする休み時間や空きコマは最高」
「友達とたくさん旅行をして、本当に視野が広がった!」

自由最高!
「カラオケオールとか大学生ならでは!」
「時間の制約が比較的ないのが最大の魅力」
自分のしたいことができる」「一人暮らしだと特に自由!!!」
「高校時代よりもバイトがたくさんできて、そのお金をたくさん貯めて旅行に行くことが本当に楽しい」
「情報収集をしっかりして、『楽しそう!』と思ったものがあったらなんでもやってみると基本楽しい」

学業
「どんなに課題の量が多くても、好きなことをとことん学んで、毎日新しい発見をするのは本当に楽しい」
好きな学問・自分の専門にひたすら打ち込めるのはすごく良い」
「中高での科目とは全く違う科目の勉強が楽しい。勉強ってこんなに幅があったんだなと思う」

大学入ってからの楽しさって、自由に尽きます(笑)。なんでも挑戦できるため、多くのものから刺激をもらい、自分の世界が広がります!


4. 大学入って驚いたこと

人間関係
ぼっちが苦じゃない!
「強いていえば男子校から来たので共学の文化に驚くことはあった」
「世間には色んな人がいると分かる」
「こんなに真面目な人が多いとは思ってなかった(笑)」

あれ、意外と……
「わりと時間通りに先生が教室に来て、授業が始まる。もっとだらだらなんだと期待してた(笑)」
「レポートが思った以上に多かった」
想像以上に忙しい!

気づき
「学内の施設の使い勝手がいい」
「休み中→早く学校始まってほしい! 学校で→授業が楽しい! これは大学入って初めての感覚(笑)」
「ちょっとでも自分が落ち込んだり、凹んだりすると、周りがすごくきらきらして見える」

 

 

1人行動は一見、寂しいようですが、私自身の経験や周りの人を見ている限り、空きコマで課題を進めたり、昼寝したりとそれぞれ有意義に過ごしている気がします。その分、友達とは昼ご飯を一緒に食べることが多く、全般的に会う機会が多いのは他学科のサークルの人が多いかもしれません。ちなみに1年生は必修・選択必修科目が多いため、同学科の友達を作るいい機会だと思いますよ~。
また、1人行動は学内にとどまらず、結構1人おでかけや1人旅に行く人も多いです(笑)。 


5. 大学入って大変だったこと

生活
満員電車」「乗り換え」
「学食が混みすぎていて、お昼ご飯がなかなか食べられなかった」
「バイトが無くなった時期は、お金がなかった
「講義・サークル・バイトなどの時間調整が一番大変
朝起きること」
「オンライン授業は睡眠時間削った」
「お酒との付き合い方」

学業
履修登録! 特に1・2年の時は英語・ウェルネス・キリ教と必修がある中でどの選択科目と般教を選んで組み合わせるか考えるのが大変だった」
パソコン! 今まで苦手と思っていたけれどワード・パワポは授業で使うし、ロヨラやムードル、他にも色んなツールを使ったパソコン作業が激増……苦手でも、強制的に慣れさせられる(笑)」
「課題が大変。質と量と速さのトレーニングの連続かも……」
「法学部はテスト100%で、出席とか関係なく期末テスト一発で決まることが多いため絶対失敗できないプレッシャーがある」

新入生の皆さん、1限授業時の電車は気をつけてください。8時半から9時前がピークです。早い時間に家を出られる方は、早めの登校をおすすめします。特に家から近い方はご協力お願いします。
また、勉強に関しては私も始めは分からないことばかりで、しかも自分の力でしなければならない……。勉強にもなかなかついていけず「本当に2年生になれるのか?」と非常に不安でした。でも大丈夫! 徐々に慣れますよ~。


6. 大学入ってよかったこと

性格
「めちゃくちゃ積極的になりました! とにかく大学生は良くも悪くも自己責任。自分で情報を取りに行って自分から動かないと何もできません。少しでも充実させたくて(学費の元を取りたくて)短期研修だったりサークルだったり色々なものに参加するうち、高校時代の受身の具現化みたいな人間性がだいぶ変わっていることに気づきました」

人間関係
かけがえのない出会いがあった。外国人の友達作れたり、人間性が素晴らしい人と友達になれたり、素敵な先輩方の後輩になれたこと! これに尽きる!」
「価値観が違う人や面白い経験をしている人など、色んな考え方に触れて視野が広くなった
モチベーションが高い人が多くて刺激を受ける
「意識高い系が多くてNPOやNGOとの繋がりや外務省の人にまで繋がれたのがすごいと思った(要は人脈)」

学業
「色々な学びを得た」
「興味のある事柄について深く学べた」
「大学でしか学べない、奥深い知識を身につけられた」

自由
「大学生になると自由度が増し、それに成人が加わることにより、できることが増えたため圧倒的自由を手に入れた」

私は大学に入って、20歳という数字で表す「大人」ではなく、色んな人との出会いや学び、経験を通して真の「大人」になっていくのが大学生だと実感しています。


7. 上智に入ってよかった?

よかった……18名
そこそこよかった……1名
あまりよくなかった……0名
よくなかった……0名

「よかった」という回答しかないですね! 聞いたこちらも嬉しくなります(笑)。理由は?

人間関係
バランス感覚があって接しやすい人が多いと思った」
「友達に限らず人の温かさ。先生方、職員の方、またボランティアや授業のグループワークで一緒になった学生など少しの間の関係だけの人が皆優しくてお互いへの思いやりに溢れている、というのをすごく感じます」

学業
広く深く学べることです。関心のあることをとことん学べる喜びは大きいと思います」
「自分の専門分野では上智は割と有名で、分かりやすくて為になる授業をしてくれる先生が集まっている」
「他学科の授業が受けやすい」
ミッション系ならではの授業もあるため、おすすめです」
「自分で探せば留学やインターンなど海外に関わる機会が多くある
海外短期研修が楽しい! 今はなかなか行けないけれど、勉強も観光もできて、新しい友達とも出会えてすごく充実しています」

上智の誇り
「違う国の人と気軽に出会い交流することが出来る」
「上智卒の人と大学外で会うと、ものすごく可愛がられる。他の大学よりも希少性? があるからなのかファミリー感が強いと思う」
「ソフィアンくんがかわいい」

その他
「駅から近い」「校舎が綺麗」「上智大好き」


8. 上智生あるある

用語編
独特な用語が多い気がする(フレマンは他大の人には通じません)」
「英語で大学名を言う(書く)時は、JOUCHIではなく絶対SOPHIA
「ソフィアという言葉が一人歩きしてる」

他大からの印象編
英語できると思われることに尽きる」
お嬢様だと思われる
「外国人の友達がいっぱいいるとか、アナウンサーみたいな人ばっかりだと思ってる(笑)」
「え? キリスト教徒?」

日常編
「6号館が好き」「11号館遠すぎる」
「ヘルスケアアプリの上った階数がすごいことになる」
「食堂に居座る」
「けっこうソフィアンくんに会う」
「急に寒くなったせいで何を着ればいいか戸惑う日はとりあえずソジャー(上智大学のグッズでソフィアと書かれているジャージ)」
「Wi-Fiが繋がらなくてキレる」「Wi-Fiを取ろうとスマホを上に上げて振ってみる」

多くの上智生は絶対共感すると思います(笑)。
私も最初はフレマン、8ピロ、メンスト、ざいざい、ちかん……など、やたら略された言葉ばかりが会話に出てきて頭の中は常に「?」でした。同時に私が先輩になったら絶対正式名称で新入生と会話しようと決意しました。


9. 1年生のうちにぜひしてほしい! 先輩からのアドバイス

何をするべき、どう過ごすべき
ロヨラをよく見る習慣を身につけた方がいい。けっこう面白そうなイベントとか載ってる」
履修要覧、課程編も共通編も含めてじーーーっくり読むこと! 自分の学科でどんな資格が取れるのか、どんな研修に参加できるのか、そういうことをするとしたら今何をしないといけないのか、早いうちから確認しないと痛い目をみます。1年生じゃないと参加できないプログラムとかもあるのでしっかり見ておくのがおすすめです」

授業・単位
「時間割みっちりで、大学でたくさん時間を過ごすのがいいと思います!」
必修は取ろう! 般教も取ろう! 取らないと3・4年生でツケが回ってくるので、早めに行動しましょう」

サークル
たくさんお試しした方が良い。別に無理矢理入らなくてもいいものだけど、一旦試すことで自分に合ってるか、学び得るものがあるかどうかなど分かるから」
「どこかしら所属しておいた方が情報回ってくるからテストとか楽!」

今のうちに
「とにかく伸び伸びと楽しんで、『面白そう』と感じる事にはなんでも挑戦してみるのが1番だと思います!」
「色々なことをするのも大事だけど、何か打ち込む対象の軸を作るのも大切。物事や興味の広がりは作れるけど、深みを追求できる人は少ないと思うのでそこが出来たらいいと思う」

その他
「食堂やカフェの上智オリジナルメニューは食べてほしい! ハラルのカレーナンセットは絶対食べてほしい!!」
「バイトの詰めすぎなどに気を付けて」
「色々なことに関わって友達を増やす(困った時に相談する人は大学内に絶対必要)」

高学年や卒業生からは「1・2年生の時、こうしておけばよかった!」という声をよく聞きます。1年生のうちは初めてのことばかりで何かと大変ですし、コロナ禍でもありますが、「やってみよう!」という積極的な姿勢で色んなことに挑戦してみてください。いいことが沢山あると思います!


10. 新入生に伝えたいこと

「高校生活、受験、色々お疲れ様でした!」
「今の時期色々大変だとは思いますが、キャンパスライフ楽しんでください!」
「自分が夢中になれることを見つけて4年間しかない大学生活を充実させてほしい」
「大学生活はあなた次第です! 自分の好きなように楽しんでください」
「大学生活は本当にあっという間だと思います! 楽しい大学生活をおくってほしいです!!」
「上智生活、本当に楽しいです! ぜひあれもしたい、これもしたいと欲張りになって、好きも極めて、大学生活満喫してください!」
「アクティブに生きよ」
「一生に一度の大学生活、悔いのないように」
「上智は授業大変だと思うけど、その分多くのことを学べると思うから、めげずに頑張れ」
「ご入学おめでとうございます! 皆さんの楽しい&有意義な大学生活のために、できることは何でもサポートします! これからよろしくお願いします!」

暖かいメッセージに心が打たれますね~。上智にはこんなに素敵な先輩が待っています!
アンケートに答えていただいた方々、本当にありがとうございました。


終わりに
現役上智生のリアルな声、いかがでしたでしょうか? 今、新入生の皆さんには楽しみと不安両方あると思います。私がまず言いたいのは「ひとりじゃないよ」ってこと。新入生は皆同じように初めてのこと、知らない人ばかりだし、授業も難しいし、バイトもサークルも何したらいいか分からないんです。だから周りの人を頼ってください。話しかけてみて下さい。
どんなに孤独でも大変でも、なんとかなる! どうにかなる! そして、それなりに楽しい。
それが大学生活なのかな? って3年を迎えた私は思ってます(笑)。
素敵な大学生活になりますように〜。


【記者募集中!】
上智学生記者クラブは、新入記者を募集中です! 私たちと一緒にSophia Topicsで記事を書いてみたい方、学年を問わず大歓迎です。取材や記事の執筆が初めてでも大丈夫。大学の知られざる一面や学生の活躍を発掘してみましょう。少しでも興味がある方は、こちらのフォームまたはメールへ気軽に質問をお送りください! オンライン編集会議の見学も受け付けています。