#131 今週末開催! フレッシュマンウィークの舞台裏 参加申込は今日までです!


 

こんにちは、れいれいです。12月19日(土)から20日(日)にかけて、キャンパスでの対面型イベント「秋学期フレッシュマンウィーク」が行われます! 開催概要や参加申込の方法は、この記事の最後にあるまとめを確認して下さいね。19日(土)に参加を希望する方は、本日16日(水)17時が申込締め切りですのでご注意を!
さて、フレッシュマンウィークは毎年4月に開催される3日間の新入生歓迎行事で、たくさんの課外活動団体が新入生の勧誘を行います。この期間キャンパスはとても活気づき、メインストリートの賑わいは原宿の竹下通りにも負けません。

 

 

今年度も4月9日から11日にかけての開催が予定されていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により中止に。「楽しみにしていたのに残念……」と肩を落とした新入生の皆さんは多かったのではないでしょうか。課外活動団体の皆さんにとっても、オンラインの情報発信をフル活用する、チャレンジの年になりましたね。

そんな中、今週末の開催が決まったキャンパスでの「秋学期フレッシュマンウィーク」。「感染症対策をしっかりしつつ、新入生が楽しめるイベントを」という思いのもと、フレッシュマンウィーク実行委員会の皆さんが計画を進めてきました。実現までの間には、どのような試行錯誤があったのでしょうか。委員長の小俣友郎さん(総合グローバル学部 3年)に、今回のイベントの舞台裏について聞いてみました。インタビューは11月30日に行いました。

 

 

現時点での秋学期フレッシュマンウィークの内容を教えて下さい。
——四谷キャンパスで、約110の課外活動団体の代表者と新入生が自由に話せるイベントです。2号館5階学生食堂、9号館地下1階アクティブ・コモンズ、11号館地下1階学生食堂を使います。ただ、参加可能な新入生の人数も制限されますし、来構が難しい新入生もいると思うので、当日ライブ配信を行なう予定です。本来のフレッシュマンウィークは新入生みんなが参加できるイベントなので、縮小型とはいえ今回のイベントで多くの新入生が団体を知ることができるよう、工夫を重ねています。

12月にフレッシュマンウィークを企画した経緯を教えて下さい。計画する上で、どのような点に苦労しましたか?
——4月のフレッシュマンウィークが中止になってすぐ、実行委員会の活動はオンラインに切り替えました。特設サイトを作ったり、各団体のSNSへのリンクをまとめたりと活動をしていました。今回の対面イベントの計画は、課外活動の制限などの状況を見極めながら、9月から始動しました。2020年度フレッシュマンウィーク実行委員会が行う初めての対面イベントですし、感染症対策を考えることが大きな壁でした。開催を実現するために、事前に対策をきちんと伝えることを重視しました。また、フレッシュマンウィーク実行委員会は毎年各団体から選出されたメンバー約30名で構成されています。全員が元から所属している団体と実行委員会の活動を両立しているので、各団体の予定に配慮しながら計画を進めるなど、難しさがありました。

4月からオンラインでの活動にシフトされたとのことですが、オンラインならではの課題や利点はありましたか?
——Twitterアカウント(@fremanweek2020)やLoyola掲示板での発信をしてきたのですが、一方通行の発信なので新入生の反応が見えず、情報が伝わっているのか手応えを感じにくいことが課題でした。作ったコンテンツを新入生に見てもらえているか、という点は常に気になっていました。一方で、オンラインの利点も見えてきました。情報が伝わるようにさえすれば、誰でもその情報にアクセスできるのはオンラインの優れた点だと思っています。普段の対面型フレッシュマンウィークでは、新入生が巡り合わない、気づきにくい団体がどうしても出てきます。オンラインでは全ての団体を一挙に見ることができるので、新入生一人ひとりにとって各団体と出会う機会が増えたのではないか、と思っています。

新入生の皆さんへ、メッセージをお願いします。
——受験勉強を乗り越え、楽しい学生生活を期待していたにもかかわらずキャンパスに足を踏み入れることができず辛い思いをされた方が多いと思います。キャンパスでいろいろな団体から直接話を聞く機会として、12月のフレッシュマンウィークが皆さんにとってワクワクする時間になれば思っています。ぜひ参加を申し込んで頂きたい(申し込み方法は下記参照)ですし、キャンパスに来られない方にもライブ配信などで楽しんでほしいです。

今後の活動の抱負を教えて下さい。
——上智大学の課外活動全体が活性化されるように頑張っていくので、これからも様々な団体と協力していきたいです。 今年度の実行委員会の任期は残りわずかになってきましたが、できる事があれは積極的にしていきたいと思っています。新入生からでも、団体からでも、「こんなことをやってほしい」という意見や要望があればいつでもメール(下の「問い合わせ先」参照)で受け付けています。お気軽にお寄せ下さい!

いかがでしたか? 小俣さんの言葉からは、「新入生にとっても、課外活動団体にとっても良い時間作りを」という思いが伝わってきます。キャンパスでイベントに参加予定の皆さん、当日をお楽しみに! そうでない皆さんも、ライブ配信を見て、画面上とはいえ「顔の見える」フレッシュマンウィークを楽しんで下さいね。

そして! Sophia Topicsを配信している私たち学生記者クラブも、フレッシュマンウィークに参加します。「学生記者になって記事を書いてみたい」というあなたはもちろん、「ちょっと興味あるけど、文章を書くのは大変そう……」「学生記者って、実際どんなことをしているの?」というあなたも、気軽に立ち寄ってみて下さいね。「いつも読んでるよ!」という一声だけでも、嬉しいです!

それではまた。次回をお楽しみに!

《秋学期フレッシュマンウィークのまとめ》
開催日時:
12月19日(土)12:30~18:30(最終入場17:30)
12月20日(日)12:30~17:30(最終入場16:30)

参加対象:
1年生・2年生(1年生を優先)

申込方法:
Loyola掲示板に12月7日に掲載された「【通知】秋学期フレッシュマンウィーク開催のおしらせ」を確認して下さい。19日(土)への申込は16日(水)17:00まで、20日(日)への申込は17日(木)17:00なので、早めの確認を!

問い合わせ先:
フレッシュマン・ウィーク実行委員会総務局(sophiafreshmanweek2020.soumu@gmail.com)

フレッシュマンウィーク実行委員会のSNS:
Twitter @fremanweek2020


Instagram @sophiafreshmanweek2020