#115 留学レポート #2 留学中に気を付けてほしいこと!


 

 こんにちは! 2週連続でニッキーです!
 今回も前回に引き続き留学についてです。テーマは「留学中に気を付けてほしいこと」!

 

留学生たちで万里の長城に登ったときの写真です。

 私は中国の北京にある人民大学に2019年の9月から2020年の1月末まで留学していました。2019年の3月に1カ月の短期語学研修に参加し北京大学で中国語を勉強したこともあります。しかし滞在期間が違うので戸惑うことも多々ありました。私の経験をもとに留学中はどんなことに気を付ければ良いのかお伝えします!

1. 海外でも使えるカードはありますか⁉

 半年やそれ以上の留学になると、現金をそのまま持って行って自分で保管するというのはとても危ないですよね。やはり銀行のカードを持つに限るのですが、私は2年生の春休みに参加した語学研修でヘマをしました。中国のATMでも使えると信じて疑わなかったカードが使えず、現金も少なく持って行ったのでお金が足りなかったのです。友達にお金を借りて、節約をして1カ月耐え忍んだのが記憶に残っています。その反省を活かし、今回の留学は事前にちゃんと調べて、中国のATMで現金を引き出せるカードを作りました。このおかげで留学中は「お金がない!」と困ることはありませんでした。
 国によって使えないカードがあったり、現金を引き出せても手数料が多くかかったりする場合もあるので留学先の金融事情についてしっかり調べて用意しましょう!

2. お金はいくらあるか考えて使おう

 寮費の支払い、生活用品を揃える、教科書を買う、交通費など留学先に到着した途端いろいろお金がかかってしまう場合があります。奨学金をもらっていてもはじめの月は後程まとめて振り込まれる、ということも。現地で知り合った日本の友人は奨学金が振り込まれるのが遅かったため困っていました。これからどれくらいの生活費が必要になりそうなのかは留学レポートを読んで調べ、到着した後は残高を確認しながら生活しましょう。また帰りの航空券を買わないで行った場合は早めに予約して価格の高騰を避けましょう。時期によっては留学先の連休や祝日と帰国日が被ってしまいなかなか予約が取れない場合もあるので要注意です。

3. 目標を決めよう!

推しに初めて会ったラジオの公開収録の現場です! 思い出の場所……。

 ここでの目標は勉強以外のことです。私の一番の目標には中国語をもっと話せるようになることがありました。しかし実はもう1つ目標があったのです。それは「絶対に推しに会う!」です。中国アイドルが好きなので彼らに会うことを目標にしました。推しに会うためにSNSで中国人のファンたちと連絡を取り、イベントに参加し、イベントでファンの友達を作る。そしてその後もイベントがあるたびに誘ってもらう、というサイクルを生み出しました。おかげで推しには4回ほど会えました! 奇跡。友達になったファンの子はわかりやすい言葉で教えてくれたり、「手紙を渡したい!」と言えば推しの出待ちで一番前に並ばせてくれたりとても優しくしてくれました。目標達成のために行動範囲を広げた結果、推しにも会えてファンの友達も出来たので頑張って良かったなと思います。大学内でも友達はできましたが、推しについて語れる友達と出会えたのは嬉しかったです。語学を頑張るとか、勉強をたくさんする! 以外で何かしらやりたいことがあれば世界がより広がると思います。

4. 荷物が増えすぎないようにしよう!

荷物は増えたけど推しが載っているので買ったことを後悔していない本です!

 留学前は身軽でも、帰国前には恐ろしいほどの荷物が……。そしてどれも思い出深くて捨てられない! どうしよう! なんてことが起きたら困りますよね。私は本を買いすぎて荷物が重くなってしまい、泣く泣く大量に服を捨てました。現地でも買えるものは持って行かない、捨てても良い服を持って行く、本など重いものは慎重に買う、一時帰国があるならその時にいったん持って帰るなどした方が良いです。
 でも私はおもしろい本がたくさん買えて、日本では手に入りにくいものばかりで、しかも推しの写真も載っている本もゲット出来たので全然後悔してません‼ もし本を買う場合は一度図書館などで読んでから考えるのもありです。

 いかがでしたか? 大変なこともありましたが、私は留学に行ってよかったと思っています。中国語を勉強できただけではなく、留学を通して出会えた友達や行けた場所がたくさんあります。単なる楽しい思い出だけではなく、学びとして得たことも多くありました。大学生のうちに行ったことで今後自分はどんなことを勉強したいのか、何を大切にしたいのか考えるきっかけにもなりました。悩んでいる人にはぜひ留学を前向きに考えてほしいです!