#085 「タバコについて考えよう」学生企画 ゴミ拾いレース&川柳コンテスト

 

こんにちは!れいれいです。


突然ですが、皆さん、タバコについてどう思いますか?身近な人には身近でも、そうでない人は普段タバコについて考えることは少ないかもしれません。大学の喫煙所はどこにある?と聞かれて答えられる人も、少ないのではないでしょうか(答え→図書館裏の地下にあります)。

今年の5月から7月にかけて、「タバコについて考えよう」学生からの企画募集(写真)が行われました。選ばれた2つの企画、「ゴミ拾いレース」「ことのは × たばこプロジェクト(川柳コンテスト)」について、企画者の思いと企画の裏側を取材しました!

 

ゴミ拾いレース
突然ですが、今年の6月に開催された「響かせろ!ピアノチャリティー!(写真)」を覚えていますか?6号館前に誰でも弾けるグランドピアノが登場し、演奏する人・聴く人で賑わったこのチャリティーイベント。音楽のある昼休み、ちょっと特別な5日間が、記憶に新しいですね。

タバコと音楽とに何の関係があるの?と思いましたか?実はこのゴミ拾いレース、ピアノチャリティーを発案したお二人の企画なのです!ピアノチャリティーに勝るとも劣らず、楽しみながら、ためになる活動ができてしまう、魅力的な企画なので必見です。

ゴミ拾いレースの始まりは、企画者のお二人が気がついた「真田堀が喫煙所化している」という問題でした。もちろん真田堀は喫煙所ではないので、吸い殻を捨てる場所もありません。私も現状を確かめるべく、朝の真田堀を見に行って見ると、たくさんの吸い殻が落ちていました(写真)。

 

企画者の方々は、去年の秋にこの問題に気がついてから、学生センターで「ゴミ拾いセット」を借り、2人で真田堀でのゴミ拾いを始めたそうです。

綺麗になった道を歩く気持ち良さや、ゴミ拾いをした後の爽快感がモチベーションになっているそうです。「特別な活動としてではなく、時間があって且つ『ちょっとでもゴミを拾おうかな』と思った時に拾っている」という言葉が印象的でした。

※「ゴミ拾いセット」は、トングや軍手、ゴミ袋など、ゴミ拾いをしたいと申し出れば学生センターで誰でも借りることができるセットです。

この地道な活動が今回の企画、ゴミ拾いレースの元になりました。レースという形にしてたくさんの人に参加してもらうことで、ゴミ拾いの活動を可視化してポイ捨てをしにくい環境にすることを目指しています。

真田堀は、私たち学生にとっても、地域の方々にとっても、ずっと憩いの場であってほしいですよね。ゴミ拾いレースは全3回実施予定で、第1回は10月31日(木)です。

「普通はゴミを拾うときにはトングを使いますが、希望する場合はトングの代わりに菜箸や小さじスプーンを貸し出します。これらのアイテムはトングに比べて明らかにゴミを拾う効率が悪くハンデを負っていますが、その代わりに最後の得点を数倍にして計上します。
効率重視のトングを使った王道のスタイルを貫くのか、得点の数倍計上での一発逆転を狙うギャンブラー精神をその胸に据えるのか。ここに戦略の入る余地があり、ゲーム性が生まれるのです。」


レースを楽しみながらゴミ拾いをできるルールを計画されているそうですので、「ボランティア活動には馴染みがない」という人も楽しめること間違いなしです!レースに参加して、あなたもゴミ拾いデビューをしてみては?

ゴミ拾いレース参加申し込みはこちら
https://forms.gle/VZ837zLYg2LzAUGS6

Twitter
https://twitter.com/gomihiroisugi

 

ことのは × たばこプロジェクト
川柳コンテスト
2つ目の企画は、タバコについてのみんなの考えを聞いてみたい、というアイディアから生まれた川柳のコンテストです。

タバコを吸う人、吸わない人、以前吸っていた人など、視点によってタバコについての考えはきっと違います。でも、吸う人と吸わない人がタバコについて一緒に考える機会はほとんどないですよね。

このプロジェクトには、コンテストという楽しい形でそれぞれのタバコについての思いを言葉にしてみよう、という思いが込められています。素直な気持ちを表してみるのもあり、思わず笑ってしまいそうなユニークさを追求してみるのもあり、日常でふと浮かんだ、自由な発想を五・七・五に表現してみてはいかがでしょう?

テーマは、タバコに関連していれば自由です。川柳の締め切りは11月8日で、応募箱が2号館1階学生センター、9号館アクティブ・コモンズ、図書館1階に設置されています(写真はアクティブ・コモンズ)。ポスターのQRコードからも応募できます。

 

川柳コンテスト応募はこちらから
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeVosLRiKPLrHFEeY1tbGSNEUQG9gSLLRMV9dmwwOOjG4gsTA/viewform?usp=sf_link

 

おわりに
いかがでしたか?ゴミ拾いレース、川柳コンテスト、どちらも楽しみながらタバコやマナーアップについて考えるきっかけになりそうですね。

すっかり涼しくなってきました。今年は活動の秋!ということで、「タバコについて考えよう」学生企画に参加してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました!